使用許諾について

フォントの使用方法は日々変化しています。従って許諾範囲も伴って変化いたしますことを最初に申し述べておきます。

昭和書体の販売は、お客様と書体(フォント)のライセンス(使用許諾)契約を意味するもので、書体(フォント)そのものを売り渡すものではありません。

ライセンス(使用許諾)契約につきましては、エンドユーザーライセンスをご覧ください。

エンドユーザーライセンス契約条項(PDF)

※最近オークション等で転売されているお客様がいます。転売、ライセンスの譲渡は規約違反となりますのでご注意ください。

商用利用使用許諾の改正について 

2015年5月まで特殊商用利用と一般商用利用の二通りありましたが使い安さを追求し6月より特殊商用利用契約を廃止しました。
新しい使用許諾範囲は以下の通りになります。


一般商用利用可
(お試し版は除きます)

1:広告、カタログ、チラシ、DM、POP等の紙媒体印刷物

2:商品パッケージ、商品ラベルなどでのデザイン

3:看板(電飾含む)、のぼり等の屋外広告

4:ホームページ、Webバナー等の画像の一部に使用

5:ロゴの作成
※1

6:Tシャツ(衣料品)等への使用

7:映画、テレビ番組、CM、ビデオ、DVDなど映像作品でのご利用

8:プロモーションビデオ、CF等の映像媒体

9:ゲームソフトでのご利用
※2

10:その他、画像化して配布するコンテンツでのご利用

11:パチンコ、パチスロ等でのご利用
※2

※1
 ロゴは商標登録OKですがフォントのタイプフェイスおよびプログラムの独占使用はできません。
※2 タイトル、クレジット、メニューなどの画像データを作成し使用するのはOKですがフォントの組み込みやフォントの代替として機能するようなものを搭載することはできません。
 サーバー上にフォントを設置して使用するWebフォント(クラウドフォント)に使用することはできません。

昭和書体を使って作成したものを第3者へ納品する場合の注意事項
 昭和書体は1ライセンス/1PCとなっております。書体(フォント)の貸し出しはできません。
 納品先に書体がなくフォントをアウトライン化して納品される場合、その納品目的以外の転用はできません。
 アウトライン化した字形を抜き出して他に使用されませんよう一言添えてください。
また、合わせて使用した書体は昭和書体であることもお伝えください。

書体名について
昭和書体の書体をご利用の際、書体名を変更して表示したり、専属書家が直筆で書いたように表示されますと多くの混乱をまねきますので
オリジナルの書体名をつけたりされないようにお願いいたします。表示の際は弊社に記載の書体名を正しく表示してください。

使用実績を弊社のブログ等で紹介させていただいております。
(使用実績を報告して頂く必要はありませんが弊社で気付いた場合、紹介させていただきます。)
 
尚、特殊商用は廃止いたしましたが1PC/1ライセンスは厳守して頂きますようお願いいたします。
使用するパソコンの台数分のフォント購入をお願いいたします。

 
 フリーフォント(お試し版)の一般商用利用、使用許諾条件
 
フリーフォントの一般商用利用は申し込みとクレジット表記が必要です。
ご同意いただけない場合は申し訳ありませんが製品版のご購入をお願いいたします。


クレジット表記について
商用で商品、作品等に利用される場合は下記のクレジット表記をお願いしています。
ホームページがある方はホームページ内記載でも可。
(C) 2014 showashotai Corp. All Rights Reserved.

「(C)○○FONT.2014 (C) showashotai Corp.2014」

「この○○で使用している文字は、株式会社昭和書体の××フォントを使用しています」
        ※○○はお使いになる製品名 : ××は弊社書体名です

 
メールでのお問い合わせは。
koueits@future.ocn.ne.jp